ここから本文です

ユーロ圏の経済回復は満足できるものでない=ECB専務理事

ロイター 9月5日(月)8時21分配信

[フランクフルト 3日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のメルシュ専務理事は3日、ユーロ圏経済の回復が満足できるものでないと指摘し、特に欧州連合(EU)および域内の政府機関への信頼が低いことから、成長押し上げにさらなる努力が必要との見解を示した。

メルシュ氏はイタリア・チェルノッビオで開催された会合で「金融セクターについては、銀行セクターで依然みられる脆弱(ぜいじゃく)性を解消し、銀行同盟を完了する必要がある」と指摘し「そうしなければ、あらゆるしかるべき措置を講じる準備が整う前に、地域的な脆弱性が拡大し最終的に欧州銀行セクターを不安定化させる可能性があると、市場参加者は懸念し続けるだろう」と述べた。

現行の金融政策には踏み込まなかったものの、ECBは物価に関する責務を果たすために究極的な措置を取るつもりはなく、責務の法的な違反も容認しない姿勢だと語った。

最終更新:9月5日(月)8時21分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]