ここから本文です

溝口 肇、4人の若手チェリストたちと“生音”を奏でるコンサートをHakuju Hallで開催

CDジャーナル 9/5(月) 17:29配信

 名旋律「世界の車窓から」を代表曲に持ち、今年でデビュー30周年を迎えてさらなる精力的な活動を続けるチェリスト / 作曲家 / プロデューサーの溝口 肇が、4人の若手チェリスト・夏秋裕一、村岡苑子、郷田祐美子、豊田庄吾と共演するコンサート〈Full Acoustic Night Vol.4 溝口肇 with 4Cellos〉を9月21日(水)に東京・富ヶ谷 Hakuju Hallで開催。

 〈Full Acoustic Night〉シリーズは、日本でもトップレベルの音響を誇るHakuju Hallで、現在注目を集めているアーティストや次世代を担うアーティストたちがホールにもっとも適していると言える“生音=フル・アコースティック・サウンド”でジャンルの壁を超えた音楽の世界を聴かせるコンサート・シリーズです。

 本公演では、「世界の車窓から」「ESPACE」をはじめ、溝口 肇のソロや「ニューシネマパラダイス」「close to you」などカヴァー曲をチェロ5台のアンサンブルで演奏。1723年のアレキサンドロ・ガリアノ(ナポリ)で“アンジェラ”と命名し愛用している溝口所有のチェロと、若手4台のチェロの生音を楽しめる、贅沢なひとときとなっています。

最終更新:9/5(月) 17:29

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]