ここから本文です

【WEC】中嶋一貴「序盤良いペースだったが・・・」/トヨタ5号車

TopNews 9月5日(月)8時5分配信

TOYOTA GAZOO Racingは、メキシコで行われたWEC第5戦メキシコ6時間レースで表彰台に返り咲いた。

●【WEC】小林可夢偉「表彰台は予想外」ランキング2位へ/トヨタ6号車

しかし、#5号車はパワートレーンのトラブルでリタイアを余儀なくされた。

■中嶋一貴「完走出来なかったのは残念」

「我々にとっては厳しい一日となってしまいましたが、#6号車が表彰台を獲得出来たのは良かったですし、競争力の高さを確認できたのも嬉しいです。観戦していても楽しいレースでしたが、それだけに最後まで戦いたかったです。序盤良いペースでレースが戦えていただけに、完走出来なかったのは残念です」

■セバスチャン・ブエミ「アウディやポルシェと接近戦を繰り広げてた」

「#6号車の表彰台獲得とドライバーズランキング2位という素晴らしい結果を祝福します。我々は最初のスティントで速さを見せられただけに残念な結果となってしまいました。トラブルに見舞われるまではアウディやポルシェとの接近戦を繰り広げ、良いペースでレースを戦うことが出来ました。チームにとっては表彰台獲得という良い結果となりましたが、我々の気持ちは既に次戦オースティンに向かっています」

最終更新:9月5日(月)8時5分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。