ここから本文です

定額制音楽配信サービス「AWA」が BOOWYの楽曲の全271曲の配信を開始

リアルライブ 9月5日(月)16時8分配信

 AWA株式会社が運営する、サブスクリプション型(定額制)音楽配信サービス「AWA(アワ)」は、9月5日(月)より、ロックバンド・BOOWYの楽曲全271曲の配信を開始し、うち262曲については独占先行配信する。

 「AWA」で独占先行配信される楽曲は、ユニバーサルミュージック合同会社から発売されているアルバム15タイトル全262 曲で、『DREAMIN’』『B・BLUE』『ONLY YOU』『MARIONETTE』といったBOOWYを代表する名曲をはじめ、『“GIGS” CASE OF BOOWY』『LAST GIGS』などのライブアルバムも含んでいる。

 今回の独占先行配信について、BOOWY担当者は、「今年で解散29周年、そして来年は結成35周年を迎えます。BOOWY結成時からBOOWYのDNAは世代へと伝わっていきました。このDNAを新たなジェネレーションへ伝えたく特に音楽好きな人々が集まるAWAさんと組ませていただきました」とコメントしている。

最終更新:9月5日(月)16時8分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。