ここから本文です

〔大気不安定〕台風12号は対馬近海で熱帯低気圧に 西日本ではなお大雨に注意(9/5)

レスキューナウニュース 9月5日(月)9時50分配信

気象庁によると、台風12号は5日09:00、対馬近海で熱帯低気圧に変わりました。九州を中心とする大雨の峠は越えましたが、西日本では大気の状態が非常に不安定となっていて、6日にかけて雷を伴った非常に激しい雨の降る所がある見込みです。土砂災害、低地の浸水、河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風に注意してください。

■今後の見通し
【24時間予想降水量】(~6日12:00/多い所)
・150mm 四国、近畿

■台風12号ドキュメント
・1日09:00   沖縄の南で熱帯低気圧が台風に 中心気圧1000hPa
・3日03:00   奄美大島の東で中心気圧955hPaに最発達
・4日09:00   枕崎市の西で暴風域なくなる 中心気圧985hPa
・5日01:00過ぎ 長崎県長崎市付近に上陸 中心気圧996hPa
・5日05:00過ぎ 福岡県西部から玄界灘へ
・5日09:00   対馬近海で熱帯低気圧に 中心気圧1006hPa

レスキューナウ

最終更新:9月5日(月)11時0分

レスキューナウニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。