ここから本文です

飛距離下位選手が45インチ未満で難関・富士桜を攻略

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9月5日(月)16時21分配信

発売前の「917 D2」を使用するチョ・ミンギュ

日時:2016年 9月1日(木)~4日(日)
開催コース:富士桜カントリー倶楽部(山梨県)
優勝者:チョ・ミンギュ

【画像】最終組の二人 ウェアがまるかぶり・・・

1打差リードの単独首位から出たチョ・ミンギュが3バーディ、4ボギーと1つ落としながらも3打差で逃げ切り、通算7アンダーで5年ぶりの優勝を飾った。飛距離はツアーでも下位にいるが、4日間通算で70%に迫ったフェアウェイキープ率、バンカーには1度しか入れなかったショットの精度で、ツアーでも屈指のタフなロングコースを攻略した。

クラブの大半を契約メーカーのタイトリストが締め、1Wは発売前の最新モデル『タイトリスト 917 D2 ドライバー』を使用。シャフトは短めの44.75インチに設定し、無理に飛ばすことにこだわらず、持ち味である方向性に特化した意図が見て取れる。

<最終日のコメント>
「優勝はもちろん意識していましたが、まずは10アンダーまで伸ばすことだけを目標にしていました。ドライバーの調子はそれほど良くなかったけど、トータルの流れが良かったのだと思います」

<最終日の使用ギア一覧>
ドライバー:タイトリスト 917 D2 ドライバー(9.5度)
※シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD MJ-6(44.75インチ、硬さX)
フェアウェイウッド:キャロウェイゴルフ XR 16 フェアウェイウッド(3番)
ユーティリティ:タイトリスト 915 H ユーティリティ(18度)、 タイトリスト 910 H ユーティリティ(21度)
アイアン:タイトリスト CB 714 アイアン(4番~9番)
ウェッジ:タイトリスト ボーケイデザイン SM6ウェッジ(46度、52度)、タイトリスト ボーケイデザイン SM5ウェッジ(58度)
パター:オデッセイ ホワイトホット ツアー ix #5 センターシャフト
ボール:タイトリスト PRO V1Xボール

最終更新:9月5日(月)16時21分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)