ここから本文です

「デスノートLNW」予告公開、「夜神月は生きている」と紫苑が海砂に近づく

コミックナタリー 9月5日(月)6時0分配信

大場つぐみ、小畑健監修による実写映画「デスノート Light up the NEW world」の本予告映像が公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

夜神月とLとの対決から10年後を舞台に、東出昌大扮する三島創、池松壮亮扮する竜崎、菅田将暉扮する紫苑優輝の3人による三つ巴戦が展開される「Light up the NEW world」。安室奈美恵による主題歌「Dear Diary」をBGMに使用した予告編には、三島ら3人に加え戸田恵梨香演じる弥海砂、川栄李奈演じる青井さくら、リュークやアーマが登場している。また新たな死神もお披露目されているほか、紫苑が「夜神月は生きている」と意味深な発言をしながら海砂に近づく様子も収められた。

映画「デスノート Light up the NEW world」は10月29日ロードショー。なお映画と連動したオリジナルドラマ「デスノート NEW GENERATION」がHuluにて、9月16日より毎週金曜日に3週連続で1話ずつ配信される。

(c)大場つぐみ・小畑健/集英社 (c)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

最終更新:9月5日(月)6時0分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。