ここから本文です

「ポケモンGO」と「リオオリンピック」、セキュリティ専門家はどう見たか

@IT 9月5日(月)6時10分配信

●ビッグイベントに付いて回るセキュリティリスクとは

 セキュリティ専門家が時事ネタなどを語る連載「セキュリティのアレ」。第32回は、2016年7、8月に注目を集めた出来事について扱います。解説するのは前回に引き続き、根岸征史氏と辻伸弘氏。本連載に関するご意見、ご感想はTwitterハッシュタグ「#セキュリティのアレ」までお送りください。

【動画本編はこちら】

宮田 今回は、2016年7月、8月の時事ネタ編です。7月といえば、22日にリリースされた「ポケモンGO」が大きな話題になりました。ナイアンティックが開発したスマートフォンの位置情報とARを使ったゲームですね。実は私はチュートリアルまでしかプレイしていないのですが……。

根岸氏 私も、セキュリティの観点で興味があったので少し触ってはみたのですが、今はほとんどプレイしていません。

辻氏 僕はめちゃくちゃやってますね。レベル26です。最初のポケモンをつかまえた直後に課金しました。本気です。

根岸氏 ポケモンGOをゲームとして見ると、セキュリティとは関係ないように思われるかもしれませんが、実は無関係ではありません。私が一番驚いたのは、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)や警察関連から注意喚起が発せられたことですね。言い方は悪いかもしれませんが、1つのゲームに対してこれだけの対応が行われたことには驚きました。

 それから、米国でリリースされてから日本で公開されるまでの間に、ポケモンGOの“偽アプリ”が横行したことも印象に残っています。トレンドマイクロの調査によれば、そこまで悪質なものは多くなかったようですが。

辻氏 アプリに限らず、大きなイベントや災害などが起こると、必ずそれに便乗して金銭を得ようとする人たちが出てきますね。

 人気ゲームの話題から始まった時事ネタ編ですが、本編ではポケモンGOやリオデジャネイロオリンピックなどのイベントを、プライバシーの問題やアノニマスによる攻撃など、サイバーセキュリティの側面から考察していきます。ぜひご覧ください。

最終更新:9月5日(月)6時10分

@IT

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]