ここから本文です

(フォーラム)食べ物を捨てる 余った食品も無償で橋渡し

朝日新聞デジタル 9月5日(月)7時30分配信 (有料記事)

 家庭から出る食品ロスをどう減らすかについて昨日、意見やヒントを紹介しました。そうは言っても、各家庭ごとでは難しい面もあります。地域や仲間と一緒にやれば、できることはもっとありそうです。きょうは、そんな仕組みづくりについて、いろいろなところから。

 そのままでは食品ロスになってしまう食べ物を役立てようという「フードバンク」が注目されています。
 印字ミスや納品期限切れなどの食品を引き取り、支援を必要とする人に無償で届ける取り組みです。50年ほど前に米国で始まり、日本でも広がっています。全国で約60団体が活動していると見られます。……本文:6,823文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月5日(月)7時30分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。