ここから本文です

カリフォルニアのモダン・ソウル・デュオ、ロス・ステラリアンズの来日公演が決定

CDジャーナル 9/5(月) 17:29配信

 1960年代から70年代にかけてのソウル・ミュージックからの影響を感じさせるタキシードやジャック・ムーヴスといったグループが人気を集めるなか、カリフォルニア州オーハイ出身で、70年代ソウル・ナンバーのカヴァーとオリジナルを収録する2014年のデビュー・アルバムが話題を呼んだモダン・ソウル・デュオ、ロス・ステラリアンズ(LOS STELLARIANS)の来日公演が決定しました。

 10月7日(金)東京・赤坂 Billboard Live TOKYO、9日(日)大阪・梅田 Billboard Live OSAKAにて開催されるライヴには、ホーン隊を含む8人の大所帯で登場。彼らが愛する70年代ソウル・ミュージックを現代的に蘇らせたステージを見せてくれます。

 ロス・ステラリアンズは、「ダウン」の大ヒットで知られるロック・バンド“311”のメンバーでヴォーカリストのS.A.マルチネスと、オルタナ・ダンスグループ、エクス・オブ・イーヴルでサウンド・プロダクションを手がけるライアン・シーゲルの2人組。2011年に結成され、311、エクス・オブ・イーヴルと並行してマイペースな活動を続けています。

最終更新:9/5(月) 17:29

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]