ここから本文です

アーセナルFW、レンタル移籍続きに不満「もっとチャンスが与えられても良かった」

GOAL 9月5日(月)16時44分配信

スポルティング・リスボンに所属するコスタリカ代表FWジョエル・キャンベルはアーセナルでもっとチャンスが与えられるべきだったと語っている。ポルトガル『A Bola』が報じた。

キャンベルは2011年からアーセナルに所属しているが、十分なチャンスは与えられていない。毎シーズン、他リーグのクラブにレンタルされている。特にここ2シーズンはオリンピアコス、ビジャレアルで印象的なパフォーマンスを見せていただけに、キャンベルは「昨年はもっとチャンスをもらえても良かった」と不満をもらしている。

それでも今夏のスポルティング移籍について「感触は良いよ。スポルティング移籍は新たな経験だね」と前向きに捉えている。

GOAL

最終更新:9月5日(月)16時44分

GOAL