ここから本文です

セーフモードでも起動できない悪夢――Windows 10の場合

@IT 9月5日(月)6時10分配信

●ある日突然、PCが起動不能に。原因がWindows Updateだとしたら……

 Windows 10の「Windows Update」は、個人ユーザーが更新プログラムのインストール方法を細かくカスタマイズすることができなくなりました。Windows 10 Anniversary Update(バージョン1607、ビルド14393)からは、Windows Updateの「詳細」オプションで「自動(推奨)」と「自動の日時を設定するように通知する」の選択肢も消えてしまっています。

【図解】問題が再発しないようにするには…

 事実上、Windows Updateに関して個人ユーザーは、マイクロソフトの“なすがまま”になっています。それで、セキュリティが維持され、既知の不具合が修正さるのであれば文句はないのですが、問題のある更新プログラムが自動でインストールされ、PCが正常に起動しなくなるというリスクが増えるでしょう。実際、全ての利用者に影響したわけではありませんが、そのような事例がユーザーフォーラムなどに報告されています。

 PCが正常に起動しなくなったときの、汎用的なトラブルシューティング方法について、本連載でも何度か解説しました。Windows 10の登場で、トラブルシューティング方法が役に立つ機会も増えそうなので、更新プログラムが原因のPCの起動問題について、あらためて、具体的に説明します。

●起動しないPCから特定の更新プログラムをアンインストールする

 まず、PCが突然起動できなくなった原因が、Windows Updateで配布された更新プログラムであると分かっている場合、あるいはその疑いがあるという場合の対処方法です。

 ここでは仮に、Windows 10 Anniversary Updateの「14393.51」以前を、「14393.82」にアップデートする累積的な更新プログラム「KB3176934」が原因でPCが起動しなくなったとして、対象方法を説明します。

 なお、KB3176934は例に挙げただけで、これでPCが起動しなくなるということはありません(KB3176934により、Windows PowerShellの機能の一部に不具合が発生するという問題がありますが、次の更新で修正されるようです)。

 PCの起動に何度か失敗すると、自動修復のプロセスが始まるはずです。自動修復が始まったら、次の手順で操作して「Windows回復環境(Windows RE)」のコマンドプロンプトを開きます。

 自動修復のプロセスが始まらない場合は、何度かリセットしてみてください(※)。それでもダメなら、Windows 10の「インストールメディア(DVDやUSB)」や「システム修復ディスク」で起動し、「コンピューターを修復する」から「コマンドプロンプト」を開きます。これらの起動メディアが手元にないという場合は手詰まりです。知人に頼むか、PC販売店などに相談しましょう。

【※】Windows 10 Anniversary Updateの新機能である「Windows Defenderオフライン」を過去に実行したことがある場合、自動修復が「オフラインスキャン」に置き換わってしまう現象を確認しました。この現象については、筆者の個人ブログを参考にしてください。

・Windows 10 Anniversary Update で Windows Defender Offline を使うと自動修復が自動起動しなくなる件(筆者の個人ブログ:山市良のえぬなんとかわーるど)

 Windows回復環境のコマンドプロンプトは、物理メモリ上(RAMディスク)に展開されて起動する「Windowsプリインストール環境(Windows PE)」をベースとした別のOS環境です。XドライブはRAMディスクに展開されたWindows PEのイメージであり、起動しなくなったWindows 10のCドライブではありません。

 そこで、コマンドプロンプトで次のコマンドラインを実行し、起動しなくなったWindows 10のCドライブを探します。Cドライブかもしれませんし、Dドライブにマウントされているかもしれません。「DIR」コマンドでドライブを参照して、「Windows」フォルダが存在することを確認してください。

X:\Windows\System32> DISKPART
DISKPART> LIST VOLUME
DISKPART> EXIT
X:\Windows\System32> DIR C:\やD:\

 起動しなくなったWindows 10のCドライブ(ドライブ文字は「C:」ではないかもしれません)を見つけたら、次のコマンドラインを実行して問題の更新プログラムのパッケージ名を取得し(DISMの「/Get-Packages」)、アンインストールして(DISMの「/Remove-Package」)、再起動(WPEUTIL REBOOT)します。「C:\」の部分は実際のドライブ文字に置き換えてください。なお、Windows 10の累積的な更新プログラムは、KB番号からは判断できない場合があります。インストールされた日時やビルド番号を参考に特定してください。

X:\Windows\System32> DISM /Image:C:\ /Get-Packages
X:\Windows\System32> DISM /Image:C:\ /Remove-Package /PackageName:Package_for_RollupFix~31bf3856ad364e35~amd64~~14393.82.1.0
X:\Windows\System32> WPEUTIL REBOOT

 Windows 10が正常に起動したら、以下のWebサイトから「Show or Hide updates」トラブルシューティングパッケージ(wsusshowhide.diagcab)をダウンロードして実行し、問題の更新プログラムが再びインストールされないように更新プログラムを非表示にします。

●起動しないPCの問題を修復するために更新プログラムをインストールする

 PCがある日突然起動しなくなり、修復するには別の更新プログラムのインストールが必要というケースもあります。例えば、一部のデバイスドライバの証明書の問題で、PCが起動しなくなるという事例が実際にありました。

 ここでは仮に、PCが起動しない問題を修正するために、累積的な更新プログラム「KB3176934」のインストールする必要があるとして、対象方法を説明します。なお、KB3176934は例に挙げただけで、KB3176934にそのような修正は含まれません。

 まず、正常に利用できる別のWindows PCを使用して、「Microsoft Updateカタログ」のサイトから更新プログラムのスタンドアロンインストーラー(.msu)をダウンロードします。なお、このサイトは「Internet Explorer(6.0以降)」でアクセスする必要があります。Microsoft Edge」やその他のWebブラウザでは更新プログラムをダウンロードできません。

 更新プログラムのスタンドアロンインストーラー(.msu)を入手したら、USBメモリに保存します。NAS(Network Attached Storage)などの共有フォルダを利用できる場合は、そこに配置しても構いません。

 先ほどと同じ手順でWindows回復環境のコマンドプロンプトを開き、更新プログラムをインストールし、再起動します。例えば、起動しないWindows 10のオフラインイメージがCドライブで、更新プログラムを「C:\Work\AMD64-all-windows10.0-kb3176934-x64_5e7bc3013384454c32a4fa59c7879367b93f6e86.msu」にコピーした場合は、次のコマンドラインを実行します。

X:\Windows\System32> DISM /Image:C:\ /Add-Package /PackagePath:C:\Work\AMD64-all-windows10.0-kb3176934-x64_5e7bc3013384454c32a4fa59c7879367b93f6e86.msu
X:\Windows\System32> WPEUTIL REBOOT

 共有フォルダから更新プログラムをコピーする場合は、「STARTNET」コマンドを実行してネットワークを初期化し、「COPY」コマンドでUNCパス(\\コンピュータ名またはIPアドレス\共有名\ファイルパス)からローカルディスクにコピーしてください。Xドライブにコピーも可能ですが、RAMディスクであるため容量に限りがあります。

●筆者紹介 山市良:岩手県花巻市在住。Microsoft MVP:Cloud and Datacenter Management(Oct 2008 - Sep 2016)。SIer、IT出版社、中堅企業のシステム管理者を経て、フリーのテクニカルライターに。マイクロソフト製品、テクノロジーを中心に、IT雑誌、Webサイトへの記事の寄稿、ドキュメント作成、事例取材などを手掛ける。個人ブログは『山市良のえぬなんとかわーるど』。

最終更新:9月5日(月)6時10分

@IT

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]