ここから本文です

ロッテグループ次男・昭夫会長の”最側近”、検察召喚 「裏金はない」

WoW!Korea 9月5日(月)10時21分配信

ロッテグループ創設者の次男=重光昭夫(韓国名:シン・ドンビン、61)ロッテグループ会長の”最側近”とされるソ・ジンセロッテグループ政策本部対外協力団長(66)が5日、検察に姿を現した。

 ソウル中央地検ロッテ捜査チームは、ソ団長をこの日午前10時、被疑者として召喚した。

 ソ団長は、ファン・カクギュ政策本部運営室長(61)と、検察調査を前に自殺した故イ・インウォン政策本部長と共に昭夫会長の最側近=いわゆる”家臣3人衆”に挙げられる人物だ。

 予定より約10分はやく検察庁舎に到着したソ団長は、取材陣らの質問に「検察で誠実にお答えします」とし、「裏金の事実はございません」と答えた。

 なお、検察は側近らに対する補完調査を終えた後、秋夕(チュソク、旧盆/ことしは9月14日~16日)後、昭夫会長を被疑者として召喚する方針だ。

最終更新:9月5日(月)10時21分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。