ここから本文です

「投資」としての心理カウンセリング 心に余裕がある時にこそ受けるべき

ZUU online 9/5(月) 11:10配信

「カウンセリングは心が病んだら受けるもの」――。

あなたはそう思っていないだろうか。感情をコントロールできなくなったり、眠れなくなったりと、心身に何かしらの影響が出たらという認識の方がまだまだ多いように思う。もちろんこのタイミングは正しいし、もしこのような状態にあるとしたらすぐにでもカウンセリングを受けるべきだとも思う。

しかし、実はもっと早いタイミングでの利用が望ましいことをご存じだろうか。心理カウンセラーとしては、心身ともに余裕のある状態での、投資としてのカウンセリングをお勧めしたい。

■カウンセリングで得られるもの

投資には当然得られるものがあるが、心理カウンセリングの場合は主に3つ挙げられる。

1つはストレス減少だ。心理カウンセリングでは、ストレスを感じやすいケースや、その時の考え方のクセを明らかにすることで、自分のストレスパターンを知ることができる。さらにカウンセリングでは、適応的認知と呼ばれる心への負荷の軽い考え方を身につけるサポートも受けられる。結果、「ストレスを感じづらい自分」を手に入れることが出来る。

2つ目は人間関係の充実である。価値観の合わない相手の受け入れ方や、正しいコミュニケーションの仕方は、実はなかなか教わる機会がないものだ。そのため、「気の合う人とだけ仲良く」良いった具合に、人間関係が狭く、偏る人はとても多い。カウンセリングでは、コミュニケーションスキルの改善も行い、無理なく、広い交友関係を作れるようになる。人の好き嫌いがハッキリしている方には、この効果は顕著だろう。

3つ目に挙げられるのが、ワークライフバランスの向上である。先日、安倍首相は、内閣官房に設けた「働き方改革実現推進室」の開所式にて、『モーレツ社員の考え方が否定される国にしたい』と述べ、ワークライフバランスの向上を訴えたが、どれだけ労働時間を短くしようとも、自分が何に幸せを感じ、仕事で何を大切にしたいのかに気づかなければ、真のワークライフバランス向上は果たせない。

こうした価値の明確化は、カウンセリングの得意分野。当たり前のように働き、家庭を築いてきた方には、自分の価値観を掘り下げることなくここまで生きてこられた場合が多いので、自己理解を深める良い機会になるはずだ。

これら3つを得ることで、クオリティ・オブ・ライフ(QOL)が向上する。多くの資産は確かに大切だが、それだけではQOLは向上しない。心身ともに健康で、豊かな人間関係を築き、自分の幸せのために使う時間こそが、人生の充実度を高めてくれるのだ。

■高いコストパフォーマンス

さて、大きな効果が得られるカウンセリングだが、投資額としてはかなり安い。カウンセリング料にはこれといった規定がないのだが、1回1万円前後が多いように思う。心身ともに落ち着いている状態であれば、月1~2回で十分。2年間継続すればかなりの変化が期待できる。

「1万円のカウンセリングを月2回、2年間継続」のケースで、月2万円、合計48万円の投資だ。資格取得を考えれば、半年や1年の講座でこれくらいはかかるだろう。

同じく、上限2万円で出来る投資に確定拠出年金がある。企業年金コンサルタントの坂井信夫氏(武南企業年金事務所代表)によると、2017年からサラリーマンでも加入出来るようになり、国民年金や企業年金の上乗せとして手軽に利用出来る制度だそうだ。基本的に加入後60歳になるまで継続して積み立てるものなので、40歳で加入する場合、60歳までの20年間で480万円の投資となる。

こうして比較すると、月額も安く、期間も数年で十分効果が期待できるカウンセリングは、コストパフォーマンスも優秀と言えるだろう。

■カウンセラーの選び方 2つのポイント

十分な効果を得るために、どんなカウンセラーを選べば良いか。臨床経験や実績も重要だが、次の2点も判断基準として欲しい。

1つは見た目の印象である。1回60分程度のセッションの間、カウンセラーと話さなければならないのだ。しかも、普段は他人に話さないような自己開示もすることも多い。そのため、安心して、気兼ねなく話せる相手かどうかは、実は大変重要なポイントである。表情や服装を含めて、パッと見で不快に感じたら、その人は避けるべきだ。でないと、投資に見合った効果が得られないだけでなく、カウンセリング自体がストレスになりかねない。

もう1点は話の分かりやすさだ。というのも、心の問題は目に見えないためイメージがしづらい。そのため、自分にとって聞き取りやすい話し方や、分りやすい説明をしてくれるカウンセラーは、相性が良いと言える。試しに1度会ってみたり、可能ならメールや電話で問い合わせたりして、どんな相手か探るのも良いだろう。

カウンセリングは、早めに受けることで、メンタルケアだけでなくQOLの向上にも役立つことがお分かりいただけただろうか。心と体とお金に余裕のあるうちに、是非受けてみて欲しい。

最終更新:9/5(月) 11:10

ZUU online