ここから本文です

ウディ・アレン監督作品「CRISIS IN SIX SCENES」のシーン写真が公開!

cinemacafe.net 9月5日(月)15時30分配信

Amazonプライム・ビデオにて今秋より見放題独占配信開始されるウディ・アレン監督による新作コメディ・ドラマ「CRISIS IN SIX SCENES」(原題)から、本作中のシーン写真が到着した。

【画像】「CRISIS IN SIX SCENES」

本作は、1960年代末のアメリカ動乱の時代が舞台。 郊外で暮らす中流階級の一家のもとへ、 ある人物が訪ねてきたことから波乱が巻き起こるコメディ作品となっており、1話30分の6つのエピソードで構成されている。

監督と脚本は『ミッドナイト・イン・パリ』『教授のおかしな妄想殺人』のアレンが務め、エリカ・アロンソンがエグゼクティブプロデューサーを務める。またキャストには、「ハンナ・モンタナ」シリーズのマイリー・サイラスにほか、エレイン・メイ、レイチェル・ブロズナハン、ジョン・ マガロらが出演している。

「CRISIS IN SIX SCENES」(原題)は2016年秋、Amazonプライム・ビデオにて配信開始予定。

最終更新:9月5日(月)15時30分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。