ここから本文です

【小倉記念】レーヌミノル6馬身圧勝 無傷2連勝&重賞初制覇

デイリースポーツ 9月5日(月)6時3分配信

 「小倉2歳S・G3」(4日、小倉)

 夏の小倉フィナーレを飾ったのは、1番人気のダイワメジャー産駒レーヌミノル。浜中の強気のリードに導かれ、無傷の2連勝&重賞初制覇を果たした。

 2番手追走から4角手前で早々と先頭に立ち、直線は持ったままで後続を6馬身突き放す圧勝劇。03年メイショウボーラーがつけた5馬身差を超える同レース史上最大着差で力の違いを見せつけた。

 同レース単独トップとなる4勝目を挙げた浜中は「馬の力を信じて乗りました。精神面がどっしり。なかなかこんな2歳牝馬はいません」と素材の良さを絶賛。狙っていた地元・小倉でのリーディングは川田に譲ったが「重賞を1つ勝ててホッとしています」と最後に面目を保って胸をなで下ろした。

 担当の中井助手は、13年ヴィクトリアマイルで競走を中止し、安楽死処分となったフミノイマージン以来の重賞V。この夏、兵庫県神戸市の妙光院に眠る元相棒に手を合わせ、小倉2歳Sの必勝を誓った。約束を果たし、喜びもひとしおだ。

 この勝利で一躍、ヒロイン候補へ。本田師は「まだまだこれから良くなる。攻め馬もまだびっしり追ったことがないから」とさらなる進化を描く。今後は「もう1回、叩いて暮れへ」ときっぱり。阪神JF(12月11日・阪神)でも、ド派手なパフォーマンスが見られるかもしれない。

最終更新:9月5日(月)11時56分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。