ここから本文です

【ムエローク】佐々木vs伊藤、一歩も譲らないテクニック対決に

イーファイト 9月5日(月)23時0分配信

「ムエローク2016 3rd」(9月4日 東京・新宿FACE)

▼第9試合 WMC日本スーパーフライ級 3分5R
△佐々木雄汰(尚武会/MuayThaiOpenスーパーフライ級王者、WPMF日本スーパーフライ級王者)
ドロー 判定1-0 ※49-49、49-48、49-49
△伊藤勇真(キング・ムエ/元WPMF日本フライ級王者)

【フォト】首相撲でのバランスを崩す戦いも

 佐々木はジュニアで国内はもとよりタイでも戦績を重ね、2015年6月に15歳でプロデビュー。昨年12月にわずか5戦目でMuayThaiOpenスーパーフライ級王者となり、今年3月にはWPMF日本スーパーフライ級王座も獲得した。

 対する伊藤もジュニア時代から活躍し、高校生時代にWPMF王者となり、防衛にも成功。本場タイのメジャースタジアムでも試合経験を積むなどして注目を浴びている。

 今回の試合は佐々木自ら、「まだ日本にやり残したことがある」と伊藤戦を熱望したという。

 1Rはお互い相手の反応を見るようにジャブ、前蹴り、けん制のミドルを放つ。

 2Rは両者やや手数を増やし、伊藤は右ローを蹴り、佐々木は右ミドル、右フックをヒットさせる。さらに得意の首相撲に持ち込むが、伊藤はコカすまでには至らない。

 3Rは左右ミドルの蹴り合い。伊藤は右ローも蹴っていく。蹴りを当て合い、パンチとヒジにつなげる両者だがヒットはない。佐々木の首相撲からのコカしも伊藤は防ぐ。すると佐々木はヒザ蹴りを連発し、ついにコカすことに成功。

 4Rはパンチで攻める伊藤が逆に首相撲でコカすことに成功。ミドルとローの蹴り合い、蹴り足をキャッチして相手の身体を流しての攻撃とテクニカルな激しい攻防が続き、伊藤が佐々木のバランスを大きく崩す。しかし、佐々木の右ヒジがヒット、すかさず組んだ佐々木が伊藤をコカす。

 5Rもミドル、ヒザの蹴り合い。佐々木がコカすことに成功する。お互いにタイミングよくミドルを当て合う中、佐々木がジャンプしてのヒジを見舞う。伊藤はすかさずコカしにいく。佐々木は終盤にジャンプしてのミドルキック。

 高度なムエタイテクニックを駆使して戦った、若きテクニシャン対決はドローとなった。

最終更新:9月5日(月)23時0分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]