ここから本文です

マンUのシュバインシュタイガーへの扱いに憤慨するケディラ「まったく馬鹿げている」

GOAL 9月5日(月)18時1分配信

ユヴェントスに所属するドイツ代表MFサミ・ケディラはMFバスティアン・シュバインシュタイガーがマンチェスター・ユナイテッドで受けている扱いに我慢ならないようだ。ドイツ紙『ヴェルト』が報じた。

シュバインシュタイガーは昨夏、バイエルン・ミュンヘンからマンチェスター・ユナイテッドに加入。しかし、怪我もあって大きなインパクトを残すことなくシーズンを終えた。さらに今シーズンから指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョから構想外と宣告されてしまった。他クラブへ移籍するよう勧めたモウリーニョとユナイテッドに、ケディラは怒りを爆発させた。

「僕はクラブに出て行ってくれと頼まれるような状況に陥ったことがない。素晴らしいキャリアを築いてきた選手に対して、『おい、君は用済みだ』なんて突然言うのは正しい対応だとは思わない。バスティアンは尊敬されるべき選手なのに、こんな状況になるなんて、まったく馬鹿げているよ」

一方で「クラブというものを理解しなければならない。フットボールはビジネスだ。僕ら個人に対する思い入れはない。ジョゼ・モウリーニョが違うプランを考えているなら、受け入れなければならない」と、一定の理解も示しているものの、母国を代表するプレーヤーへの扱いに我慢ならないようだ。

GOAL

最終更新:9月5日(月)18時1分

GOAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]