ここから本文です

安彦良和の初監督作品「クラッシャージョウ」BD BOX発売、OVAも収録

映画ナタリー 9月5日(月)10時0分配信

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」シリーズで知られる安彦良和の初監督作品「クラッシャージョウ」を収めたBlu-ray BOXが12月14日に発売される。

高千穂遙によるSF小説シリーズを原作にした本作は、1983年に公開された劇場アニメ。人居住可能な惑星へと人類が進出した世界を舞台に、宇宙の何でも屋集団と呼ばれる“クラッシャー”のジョウやその仲間たちが、事件に巻き込まれていく姿を追う。BOXには4Kリマスターが施された劇場版のほか、ともに1989年に発売されたOVA「クラッシャージョウ 氷結監獄の罠」「クラッシャージョウ 最終兵器アッシュ」の2Kリマスター版が収録される。

なお同日に発売される初回限定生産版には特典として安彦や高千穂、キャストの竹村拓と佐々木るんによる録り下ろしの座談会を収録。加えて未公開資料を多数掲載した100ページの資料集も付属する。

「クラッシャージョウ」Blu-ray BOX
2016年12月14日(水)発売
発売・販売元:バップ
価格:通常版 1万9440円 / 初回限定生産版 2万7000円

(c)高千穂&スタジオぬえ・サンライズ

最終更新:9月5日(月)10時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。