ここから本文です

【台湾】中油、チャド鉱区の権益35%を中国企業に売却

NNA 9月5日(月)8時30分配信

 石油元売り台湾最大手の台湾中油(中油)は2日、アフリカ中部、チャド共和国で開発中の原油鉱区の35%分の権益を、中国華信能源の子会社に売却することで両社が契約書に調印、譲渡手続きが完了したと発表した。台湾中油は売却について「投資リスクの分散が目的」と説明している。中央通信社が伝えた。
 チャド鉱区の権益35%分の売却額は約1億1,400万米ドル(約118億円)。チャド鉱区の権益持ち分は、台湾中油が70%、チャド政府が30%だった。売却後は、台湾中油と中国華信能源の子会社「海南華信国際控股」がそれぞれ35%、チャド政府が30%となる。
 台湾中油によると、鉱区をめぐり石油メジャーなど国際的大手企業が協力を申し出ていたが、中国華信能源が最も積極的だったという。提示された条件も考慮し、チャド政府への申請と審査を経て売却が成立した。35%の権益を手放した後も、同鉱区の経営は台湾中油が担当するという。

最終更新:9月5日(月)8時30分

NNA