ここから本文です

日本代表のハリル監督、勝たなければならないタイ戦へ「最終予選は1つも簡単な試合がない」

GOAL 9月5日(月)18時9分配信

ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選のタイ戦(9月6日)へ臨む日本代表のバイド・ハリルホジッチ監督が5日、前日記者会見を行った。

日本代表は1日に行われた同予選初戦のUAE戦に1−2で敗戦。ホームで初戦を落としたことで、指揮官は危機感をつのらせていた。会見の冒頭では、「1試合目が終わった後、かなり悲しみました。そこから元気を取り戻さなければいけなかった」と、結果に失望したと改めて振り返った。

もっとも、現在はチーム全体でタイ戦にフォーカスしているといい、「今のところ日本代表の選手たちは元気な様子で、いいトレーニングができています。この試合の勝利を探しに行く準備ができています」と、本田圭佑や清武弘嗣といった選手たちが口々に指摘していた「切り替え」がうまくできているとの見解を示している。

タイの印象を問われると、「フットボールに対して観客の熱をすごく感じます。そして、サポ―ターのみなさんもすごく応援してくれていますね。国内でかなりいい試合ができるのがタイ代表です。すごく速いですし、連続プレーも速いですね」と、ピッチ外の環境も含めて警戒していると話した。

もっとも、「日本には経験とクオリティがある。試合をコントロールすることもできます。強い気持ちを持っていますし、しっかり戦う準備ができています」と、主導権を握る自信を持っているとコメント。続けて、「最終予選は1つも簡単な試合がありません。どこへ行っても強い気持ちで勝ちにいかないといけないということです」と話し、メンタル面で負けないことの重要性を説いている。

ロシアW杯アジア最終予選の日本代表対タイ代表は6日、タイの首都バンコクにあるラジャマンガラ・スタジアムで開催される。キックオフ予定時刻は日本時間21時15分。

GOAL

最終更新:9月5日(月)18時9分

GOAL