ここから本文です

阪急うめだで「スヌーピー」グッズ販売イベント 限定品含め5000点 /大阪

みんなの経済新聞ネットワーク 9月5日(月)9時28分配信

 阪急うめだ本店(大阪市北区角田町8、TEL 06-6361-1381)9階祝祭広場で8月31日、「うめだスヌーピーフェスティバル」が始まった。(梅田経済新聞)

限定グッズのぬいぐるみとトートバッグ

 アメリカの漫画家、チャールズ・モンロー・シュルツの作品「ピーナッツ」に登場するキャラクター「スヌーピー」のグッズ約5000点を販売する。2015年の初開催では、初日で限定グッズがほぼ完売するほどの人気だったという。今回は2回目の開催。

 会場は、作中にスヌーピーが暮らす家「スヌーピーハウス」をイメージし、左側の限定グッズコーナーにはTシャツ(6,372円)や、日本の伝統染色法「りゅう化染め」で作られた「和トートバッグ」(4,320円)と「和ポーチセット」(5,184円)など約30種類を用意する。

 限定グッズコーナーの隣では、公式店「スヌーピータウンショップ」が「ハリスツイード」「エドウィン」と共同開発したポーチやショルダーバッグなどを販売。ランチボックスやメモ帳などの雑貨も販売する。

 同店限定のイラスト2種類にも注目。阪急うめだ本店を背景に、赤い花を飾った帽子をかぶったスヌーピーや仲間たちが描かれている。各イラストを使ったポストカードとクリアファイルも週替わりで販売。そのほか、赤いベンチに腰掛け、スヌーピーのぬいぐるみと記念撮影ができるフォトスポットも設置。

 9階の「カフェルパン」では、ハンバーグを耳に使った「スヌーピー ハンバーグハヤシライス」(1,000円)や「スヌーピーラテ」(820円)などのスヌーピーをモチーフにしたコラボメニューを提供する。

 開催時間は10時~20時(金曜・土曜は21時まで、最終日は18時まで)。9月12日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月5日(月)9時31分

みんなの経済新聞ネットワーク