ここから本文です

舞台から映画へ!今秋、見逃せない“舞台ムービー”に注目『金メダル男』『真田十勇士』ほか

cinemacafe.net 9月5日(月)16時0分配信

『何者』で監督・脚本を務める三浦大輔・主宰の劇団ポツドールの代表作「愛の渦」、宅間孝行の“泣ける舞台”「くちづけ」、直木賞小説を鬼才・堤幸彦監督が手掛けた「悼む人」など、近年、舞台作品が映画になるケースは数多い。「同じストーリーを違うキャストで楽しめる」、あるいは「舞台で味わった感動を、もう一度映画館で味わえる」など、映画ファンのみならず、演劇ファンにとっても楽しみ方が倍増しそうな“舞台ムービー”が、この秋は相次いでいる。

【画像】『金メダル男』『真田十勇士』『ボクの妻と結婚してください。』

■内村光良の“幻のひとり舞台”がまさかの1人4役で映像化!?『金メダル男』
2011年に上演された内村光良のひとり舞台「東京オリンピック生まれの男」。内村さん自身が脚本を執筆し、初の1人舞台に挑戦した本作は、業界からの注目度も高く、「“超一流“の人が全力で打ち込む姿に感動した」との声も上がるほど、観客のみならず関係各所からも絶賛された。残念ながらDVD化はされていない“幻の作品”ではあるものの、タイトルを改めて10月22日(土)より映画化されるのが本作だ。

とにかく1等賞を獲ることを目指し、挫折を繰り返しながらもひたむきに挑戦を続ける男・秋田泉一を舞台同様、内村さんが演じ、学生時代の”ヤング泉一”には知念侑李(Hey! Say! JUMP)と、周りから「親子みたい」と言われたという2人で1役を演じる。さらに内村さんは、主演だけでなく、監督・原作・脚本の4役を務めており、舞台とはまた一味も二味も違う”内村ワールド”を堪能できる作品に。相手役には、舞台「ボクの妻と結婚してください」で妻役を演じた木村多江と再共演するほか、ムロツヨシ、「TEAM NACS」の大泉洋や音尾琢真など、舞台で活躍する役者たちも集結! 内村さん本人も「前作の10倍疲れました(笑)」と語るほどの渾身の1作は見逃せない。

■舞台と映画をほぼ同時期に堪能できる!『真田十勇士』
2014年に中村勘九郎主演で舞台が上演され、この秋、再演が決定した「真田十勇士」。本作も映画化され、9月22日(木・祝)より公開となる。「天下一の武将・真田幸村の伝説は、実は猿飛佐助に仕組まれたものだった!」という大胆な発想の元に、壮大な世界観と濃密な人間ドラマを描き出していく。

監督を務めたのは、舞台版の演出も手掛ける堤監督。猿飛佐助はもちろん勘九郎さん、真田幸村役の加藤雅也をはじめ、加藤和樹、高橋光臣、村井良大、駿河太郎、石垣佑磨など初演・再演と引き続き出演するメンバーも多数。舞台の東京公演(9月11日~10月3日)では、映画よりも一足早く、生でド迫力のアクションを体感することができそう。あるいは、大きなスクリーンで映画を鑑賞してから舞台に臨むか、Wで楽しむ手もアリかも!

■あの感動作が新たなキャストでよみがえる!『ボクの妻と結婚してください。』
TV業界で働く敏腕放送作家・三村修治が余命告知を受け、愛する家族の未来のために、妻の「最高の結婚相手」を探し出すという本作。原作は、放送作家・樋口卓治による同名小説。斬新な設定と心温まるストーリーが支持され、世代を問わず究極の恋愛バイブルといわれた。2014年に、内村さん主演で舞台化されたのち、翌年にはNHKプレミアムでTVドラマ化。

今回、満を持しての映画化となり、11月5日(土)より公開に。映画版ではキャストを一新し、舞台・ドラマ版で内村さんが演じた主人公・三村修治には、『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』以来4年ぶりの映画主演となる織田裕二、さらにその妻役を吉田羊が務める。新たなキャストで生まれ変わる感動作に注目だ。

人気舞台が続々と映画化される、この秋。映画ファンはもちろん、演劇ファンもぜひスクリーンでチェックしてみては?

最終更新:9月5日(月)16時0分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。