ここから本文です

“幸運のコイン”がイングランドを勝利に導く ララーナの土壇場弾で白星発進/W杯欧州予選

ISM 9月5日(月)11時15分配信

 2018年W杯欧州予選は現地時間4日に各地で第1節が行なわれ、グループFではイングランドが敵地でスロバキアに1対0と勝利した。劇的勝利の裏には“幸運のコイン”の存在があった。

 イングランドはスコアレスで迎えた57分、スロバキアのシュクルテルがケインへのファウルで二度目の警告を受けて退場となり、数的アドバンテージを手にする。しかし初の枠内シュートを打つまでに開始から65分を要するなど、なかなかチャンスを作ることができない。

 それでも、終了間際の95分にドラマが待っていた。ララーナがゴール前でこぼれ球を拾うと、冷静に相手をかわしてフィニッシュ。同選手の代表初ゴールで、イングランドが劇的勝利を収めた。

 この試合でヒーローになったララーナは、「ようやくだ。ゴールを決めようと自分にプレッシャーをかけていた。時間の問題でしかないと分かっていたよ」と初ゴールへの喜びを表している。

 アラーダイス監督は試合後、「最後はかなりイライラしたね。相手に退場者が出たので、勝たなければいけなかった。打開するのは難しかったが、我々は自分たちにふさわしい結果を手にした」と辛勝に胸を撫で下ろしている。

 アラーダイス監督はまた「今朝、ホテルで車いすに乗った息子を連れた父親に、写真撮影を求められたんだ」「撮り終わったら、彼は『幸運のコインをプレゼントさせてください』と言ってきたんだ。私はそれをポケットに入れていた。そして我々は勝った。だから、これはこのまま持っておくよ」「私はあまりゲン担ぎをするタイプではないが、これは大事に取っておく。土壇場での勝利を呼び込んでくれた。このコインが我々をどこまで連れて行ってくれるだろうか」と、“幸運のコイン”が勝利に導いてくれたと明かしている。

 この日の試合で代表キャップ数を116とし、デイヴィッド・ベッカム氏を上回って、フィールドプレーヤーとしてイングランド代表最多出場記録を更新したFWルーニー。試合後には「パニックになることはなかった。それが大きかったと思う」「プランを遂行し、形を保ち、右サイドから相手を崩そうとした。それに相手にあまり多くのチャンスを与えることもなかったね」と満足感を表している。

 グループFのそのほかの試合では、スコットランドが敵地でマルタに5対1と快勝。2名の退場者を出したマルタを相手に、スコットランドはスノッドグラスがハットトリックを記録した。リトアニア対スロベニアの一戦は、2対2のドローに終わっている。(STATS-AP)

最終更新:9月5日(月)11時15分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。