ここから本文です

『黒い砂漠』拠点接続キャラバンがついにフィナーレ、パエリア対決と海や忍者のアップデートに注目!

ファミ通.com 9/5(月) 15:22配信

文・取材:ライター イズミロボ・ササ、撮影:編集部 ミス・ユースケ

●全国7ヵ所のイベントを締めくくる千秋楽!
 2016年9月4日、ゲームオンが運営するPC用MMORPG『黒い砂漠』のオフラインイベント“拠点接続キャラバン in 東京”が開催された。

 この“拠点接続キャラバン”は、パーティー形式で食事を楽しみながら、プレイヤー同士の交流が主体のイベント。すでに仙台を皮切りに全国6ヵ所で実施されており、この東京がラストの7ヵ所目、千秋楽となる。

 この日もほかの地方と同様に、おなじみの進行役として『黒い砂漠』日本運営プロデューサーを務める麥谷将人氏と、本作の生放送番組などに出演している榊原あやさん、佐藤仁美さんが出席。フィナーレにふさわしい特別企画も用意されるなど、イベントは大いに盛り上がりを見せた。

 イベントは恒例のミルクティーでの乾杯で幕を開け、さっそく最初のコーナー“黒い砂漠3択クイズ!”がスタートした。これは『黒い砂漠』のゲーム内容に関する問題に挑む、テーブル対抗のクイズ戦。ちなみに出題された全7問は以下のとおりだ。

 ファンが集結しているだけに対抗戦は白熱したが、最後はお約束の「最終問題の得点は6ポイント!」という展開に。ラストは「NPCララの星座は?」という、やや意表を突いた質問が飛び出し、なんとひとつのテーブルのみが見事に正解。優勝チームとして、オリジナルのボールペンがプレゼントされた。

●生放送開始でさらにヒートアップ!
 続いて“さばくてれび”公開生放送もスタート。ここからは来場者ととともに、番組視聴者もイベントを楽しめることとなった。

 生放送とリンクしてのメイン企画は、麥谷氏と榊原さんの“パエリア対決”だ。これは、ここまでにイベントを実施した地方の特産品を用いてパエリアを作るという料理対決。ちなみに集められた食材は、牛タン(仙台)、カニ(札幌)、水なす(大阪)、名古屋コーチン(名古屋)、牡蠣(広島)、イチゴ(福岡)となっている。

 オープニングからすでにコックの扮装(ゲーム中ではクリナリアンアバターとして登場)で気合十分の麥谷氏と榊原さんは、ここでキッチンスタジオに移動。約20分程度という短い調理時間ではあったが、存分にその腕を振るった。そして調理後に両者がメイン会場に戻ると、試食タイムのまえに、まずはアップデート情報が麥谷プロデューサーより紹介された。

 発表されたアップデート内容は、数値表示の大きさなどのユーザーインターフェイスの微調整、取引所での手数料システムの変更、忍者の覚醒武器実装、“海”のグラフィックのブラッシュアップなど。入手方法は公開されなかったが、男性用のジョルダイン&エダンアバター、女性用のオーウェン&ジャレットアバターも実装予定。最初に“海”のグラフィック向上が、9月12日から実現されるようだ。

 海のグラフィック向上について、麥谷氏は「みなさん想像されると思うんです。あれの準備だとか。今後のアップデートの流れは、近いうちに何かの場でお伝えしたいと思います」とコメント。詳細は公式サイトでの発表や各メディアで公開される記事などを参照してほしい。

●パエリア対決を制したのは榊原さん!
 そしていよいよ、お待ちかねの試食タイムに。両者のパエリアを食べた佐藤さんが下した注目のジャッジは、「素人の私には、正直どちらがおいしいか甲乙つけがたいです」。ということで、ここで正式な料理対決の判定人として、スペイン料理店・エルチリンギートのオーナーシェフである新倉孝之輔氏がスペシャルゲストで登場。新倉氏によりあらためて、両者の料理の試食が行われた結果、なんと意外にも(?)榊原さんに軍配が上がった。麥谷氏は料理の手際こそよかったものの、お米に火が十分通ってなかったようだ。

 料理対決の敗者となった麥谷氏は、罰ゲームとして青汁を飲むことに……。しかしここで用意された青汁はなぜか2杯で、もう1杯を来場者が飲むことととなり、希望者によるジャンケン大会で女性の方に決定。女性は麥谷氏とともに飲み干し、「苦いです!」と、まっとうなコメントを語ってくれた。

 続いては、公開生放送ということもあり、開催中のイベントやキャンペーンなどがまとめて紹介された。その詳細は以下のとおり。リミットが迫っているものも多いので、未プレイの人はぜひチャレンジしてみてはいかがだろうか。なお、このキャンペーン紹介をもって、生放送とのリンクはここにて終了となった。

●プレゼント抽選会で和気あいあいと終了
 イベントのラストを飾るのは、プレゼントをかけたおなじみの大抽選会。ゲーム内でのアイテムや、オリジナルグッズ、ウェブマネーなどが来場者にプレゼントされ、当選者が決まるごとに会場には大きな歓声が上がっていた。

 そして最後は、全国7ヵ所でのイベントを無事に終えて、麥谷プロデューサーが「たくさんのファンと触れ合える機会を設けていただいて、本当にうれしく思っています。今後のアップデートにもぜひご期待ください!」とあいさつ。長きに渡った、“拠点接続キャラバン”を締めくくった。

最終更新:9/5(月) 15:22

ファミ通.com