ここから本文です

ATSUSHI海外留学、HIROらEXILEメンバーの激励と本音

シネマトゥデイ 9月5日(月)11時43分配信

 2018年までの期間限定で活動拠点を海外に移すことを公表したEXILE・ATSUSHIについて、EXILE TRIBE のリーダー・HIROを含めたEXILEのメンバーたちが1日に公式サイトを通じて、ATSUSHIへの思いそして本音を明かした。

 デビュー当時からのEXILEメンバーとしては、最後の一人となっていたATSUSHI。彼の決断について、HIROは「一つ上のステージに行くため、自分を成長させヴォーカリストとしての引き出しを増やしていきたい」という気持ちは同じ表現者として理解できると告白。だからこそ今回のATSUSHIの決断を尊重することに至ったという。

 しかしその一方で、「期間限定とはいえ、EXILEを見られない期間があるというのは寂しい」と残念な気持ちもあると明かしたHIRO。だが「ATSUSHIのメッセージにもありましたが、2018年には、今の15人一人ひとりがパワーアップして、さらに進化した新しいダンス&ヴォーカルグループEXILEを見せてくれると約束しています」とATSUSHIへの厚い信頼をのぞかせた。

 そのほかにもEXILEのパフォーマーを卒業した松本利夫、USA、MAKIDAIも、「この15周年というタイミングが今、行動を起こすべき時期だとメンバー全員で話し合い勝手ではありますが2018年までEXILEの充電期間をいただければ幸いです」(松本)、「今の15人体制の新しいEXILEをもっと観たい!活動して欲しい!と言う気持ちは正直あります……。しかし、ATSUSHIの決意を尊重し、今の15人体制のEXILEメンバーが何度も話し合い出した答えを信じて、今後のEXILEをさらに高い所へ目指して進化させていくための一歩を踏み出す事を僕も応援したいと思っています」(USA)、「ATSUSHIが先陣を切って挑戦をはじめますが、今の新しい15人のEXILEにとっては一人ひとりがさらにパワーアップする時間が必要なんだと思います。それは同時に未来のEXILEを築いていくために必要な時間なんだとも思っています」(MAKIDAI)とコメント。

1/2ページ

最終更新:9月5日(月)11時43分

シネマトゥデイ