ここから本文です

(いちからわかる!)日本にミサイル来たら、どう撃ち落とす?

朝日新聞デジタル 9月5日(月)16時0分配信 (有料記事)

 ■艦上(かんじょう)・地上の二段構え。自衛隊に破壊措置(はかいそち)命令が出ている
 アウルさん 日本に飛んでくるミサイルを撃(う)ち落とすには、政府の命令が必要なの?
 A 自衛隊法に「弾道(だんどう)ミサイルが飛来する恐(おそ)れがある場合に、防衛大臣が出す」と定められているんだ。「ミサイル破壊措置(はかいそち)命令」といい、主に北朝鮮(きたちょうせん)によるミサイルに備える。
 ア どうやって撃ち落とすの?
 A 米軍の早期警戒(けいかい)衛星が、ミサイルのロケットエンジンが発する熱を探知(たんち)し、レーダーで瞬時(しゅんじ)にどこに落ちるかを割り出す。……本文:1,671文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月5日(月)16時0分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。