ここから本文です

調布・百店街で「外飲み」イベント 昭和の雰囲気漂う歓楽街で新旧店舗団結 /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月5日(月)10時0分配信

 京王線調布駅東口近くの飲食店街「調布百店街」で9月5日から6日間、「レッツ外飲み百店街!!2016」が開催される。(調布経済新聞)

 夜間営業の飲食店が約100メートルの短い路地にひしめき合い、昭和の歓楽街のイメージが強い同商店会。近年、通りの雰囲気を気に入った若い世代の飲食店出店が多くなってきたこともあり、新旧店舗の交流や通りのイメージアップを目的に、同商店会長で「パブスナック びっぐまま」(調布市布田1、TEL 042-483-1797)の飯田和子さんが若い世代に呼び掛け、同イベントを企画。43店の同加盟店が賛同した。

 各店が店の外にテーブルと椅子代わりのビールケースを設置し、通りの路側帯にはみ出しながら飲食をする「外飲み」を商店会全体で推奨。各店がテークアウトメニューを用意するなど、それぞれのアイデアで開放感を演出する。

 同広報担当で今年1月にオープンした焼き鳥店「鳥勝」(布田1、TEL 042-444-1729)の佐々木さんは「会長の呼び掛けで、うちのような新入りも商店会に貢献することができた。団結することで通りに活気が戻れば。これからもいろいろなイベントを企画して、雰囲気を変えていきたい」と意気込みを話す。

 営業時間は各店により異なる。9月10日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月5日(月)10時0分

みんなの経済新聞ネットワーク