ここから本文です

寄り付きの日経平均は反発、3カ月ぶりに1万7000円回復

ロイター 9月5日(月)9時23分配信

[東京 5日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比205円84銭高の1万7131円52銭と反発。取引時間中としては6月1日以来ほぼ3カ月ぶりに1万7000円を回復した。

2日発表の8月米雇用統計は市場予想を下回る内容だったが、米利上げ時期をめぐる思惑が交錯し、米国株は上昇。為替は円安方向に振れた。日本株にとっては良好な外部環境となり、幅広い銘柄に買いが先行した。

最終更新:9月5日(月)9時23分

ロイター