ここから本文です

“アイアンマン”ことトニー・スタークのお抱え運転手、『スパイダーマン』新作に登場!

cinemacafe.net 9月5日(月)16時45分配信

ジョン・ファヴローが『アイアンマン』の中で演じたキャラクターで『スパイダーマン:ホームカミング』に登場することが分かった。

【写真】ジョン・ファヴロー/フォトギャラリー

『アイアンマン』の中でアイアンマンことトニー・スタークのお抱え運転手ハッピー・ホーガンを演じたジョンは、その役どころでマーベルが手掛ける初の『スパイダーマン』映画に出演するのだという。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』にはアイアンマンを務めるロバート・ダウニー・Jr、新たなスパイダーマン役と務めることになったトム・ホランドは出演していたものの、ジョンのキャラクターは登場していなかった。

『スパイダーマン:ホームカミング』にはすでに敵役ヴァルチャーのマイケル・キートン、別の悪役としてローガン・マーシャル=グリーン、メイおばさん役にマリサ・トメイ、メリー・ジェーン・ワトソン役にゼンデイヤが出演することが決定しているが、メリー・ジェーンはコミックブックの中で白人の赤毛キャラクターとして描かれていたため、アフリカ系アメリカ人の血を引くゼンデイヤがこの役を務めることに快く思っていないファンも多いようだ。

現在アトランタで撮影が行われている『スパイダーマン:ホームカミング』は2017年7月7日全米公開予定となっている。

(C) BANG Media International

最終更新:9月5日(月)16時45分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。