ここから本文です

<生瀬勝久>菅野美穂と夫婦役で、堺雅人から「妻をよろしく」とメール

まんたんウェブ 9/5(月) 18:35配信

 俳優の生瀬勝久さんが5日、東京・渋谷の同局で行われた10月スタートのNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の初週試写会に登場。女優の芳根京子さん扮(ふん)するヒロイン・すみれの父・五十八(いそや)役で出演する生瀬さんは、妻・はな役の菅野美穂さんの夫である堺雅人さんから、「妻をよろしく」というメールが届いたといい、「(菅野さんとは)今回が初共演なんですけど、『任せておけ』と(メールを)打ち返しておきました」と明かし、笑いを誘った。

【写真特集】子役も“べっぴんさん”? 渡邉このみちゃんがかわいい!

 試写会には芳根さんと、すみれの少女時代を演じた子役の渡邉このみちゃんも登場。芳根さんは菅野さんと共演シーンはなかったものの「小さいすみれちゃんの記憶ってものは私も持っておかないといけない」と思い、出番がないにもかかわらず、はながすみれに四つ葉のクローバーの意味を教えるシーンを見学したといい、「現場で直接見させていただいて、あの日から気持ちがすごく変わったなって思って。そのシーンのあとに、冒頭の赤ちゃんを背負って泣いていたシーンを撮ったんですけど、もともとはあぜんとして(焼け野原になった神戸の町)を見ているってシーンで、自分でもああいうシーンになるとは思っていなくて、本番が始まった時に、なぜか涙が止まらないっていう不思議な感覚を経験することができた」と振り返っていた。

 「べっぴんさん」は、95作目の朝ドラ。神戸市に本社を置く子供服のメーカー「ファミリア」の創業者の一人、坂野惇子さんをモデルにしたヒロイン・すみれの物語。戦後の焼け跡の中、娘や女性のために、子供服作りにまい進するヒロインと家族の姿が描かれる。

 脚本はドラマ「名前をなくした女神」「ファーストクラス」(ともにフジテレビ系)などを手がけ、フリーアナウンサーの羽鳥慎一さんの妻で脚本家の渡辺千穂さんが担当。すみれの姉・ゆり役で蓮佛美沙子さんが出演し、すみれの幼なじみ潔を高良健吾さん、紀夫を永山絢斗さん、女学校時代の同級生・君枝を土村芳さん、良子をアイドルグループ「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子さんが演じる。ほかに、お笑いトリオ「ネプチューン」の名倉潤さん、谷村美月さん、三倉茉奈さん、市村正親さん、中村玉緒さんが出演する。

 10月3日スタートで全151回を予定。NHK総合で月~土曜午前8時ほかで放送。

最終更新:9/5(月) 19:18

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]