ここから本文です

重さ1000g以下の片手で操作できるプログラマブル表示器

MONOist 9月5日(月)7時55分配信

 デジタルは2016年8月22日、重さ1000g以下のハンディー型プログラマブル表示器「GP4000H」シリーズを発売した。同社従来製品に比べて約10%軽量化し、片手持ちでも簡単に操作ができる。

 GP4000Hシリーズは、回路故障などの緊急時に機械を停止できる非常停止スイッチや、漏電などのトラブルで、反射的にスイッチを放す/握り込んだ場合でも装置を停止できる3ポジションオペレーションスイッチを搭載。安全性を重視した設計を採用している。また、非常停止をせずに本体を移動できるキースイッチも装備した。

 定格電圧は24Vdcで、イーサネットによるネットワーク接続にも対応した。現場の生産情報などを管理者用PCで共有し、データのやりとりをリアルタイムに行うことができる。従来機種の「GP3000H」シリーズとは互換性を備え、設備の構成を変更せず、GP4000H本体を置き換えるだけで利用できる。

 参考標準価格は22万3000円(税別)からとなる。

最終更新:9月5日(月)7時55分

MONOist