ここから本文です

ロナウジーニョがバルサ復帰へ、アンバサダー就任か

ISM 9月5日(月)16時51分配信

 元ブラジル代表FWロナウジーニョ(36)が、アンバサダーとして古巣バルセロナ(スペイン)へ復帰するようだ。英『メトロ』紙(電子版)が現地時間4日に伝えている。

 『メトロ』が報じたところによると、バルサはニューヨークに事務所を開設する予定で、クラブの国際的なブランド力強化を目指し、最も人気のあるOB選手の1人、ロナウジーニョに親善大使の役割を任せるという。

 ロナウジーニョは2003年から08年までバルサでプレーし、2度のリーガ・エスパニョーラ制覇や、1度のチャンピオンズリーグ優勝に貢献。2度のFIFA年間最優秀選手賞に輝くなど一時代を築いた。08年にミラン(イタリア)へ移籍したのち、母国ブラジルのフラメンゴやアトレチコ・ミネイロ、ケレタロ(メキシコ)などを転々とし、フルミネンセ(ブラジル)退団後はフリーとなっているが、正式な引退は表明していない。

最終更新:9月5日(月)16時51分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]