ここから本文です

ワコム、次世代型デジタル文具「Bamboo Slate/Bamboo Folio」発表

アスキー 9月5日(月)12時55分配信

ワコムは手書きデータをデジタル化してスマホやタブレット、クラウドで利用するノートパッド「Bamboo Slate」2モデル、「Bamboo Folio」1モデルを発表した。

 ワコムは9月1日、ノートに手書きしたデータをスマホなどに転送できるスマートパッドの新製品として、「Bamboo Slate」と「Bamboo Folio」の2製品を発表した。10月下旬に発売する。
 
 いずれも同社の電磁誘導方式スタイラスとデジタルインク技術を盛り込み、手書きしたデータをスマホ用ノートアプリBamboo Paperに転送、クラウドサービスとも連携できる。Bamboo Slateはペーパークリップ型のシンプルなパッドでA4サイズ/A5サイズの2種類、Bamboo FolioはiPadなどのタブレットをセットできるポートフォリオタイプでA4サイズの1種類をラインナップ。
 
 本体サイズはBamboo Slate large(A4サイズ)が約幅330×高さ254×厚み7mm、small(A5サイズ)が約幅249×高さ186×厚み7mm、Bamboo Folioが約幅338×高さ268×厚み19mm。いずれもAndroidおよびiOSデバイスで利用できる。価格はBamboo Slate smallが1万6200円、largeが1万9440円、Bamboo Folioは2万4840円。
 
 管理ツール「Wacom Inkspaceアプリ」とクラウドサービス「Inkspace」と組み合わせて使用し、Inkspaceは無料プラン(ストレージ5GBが付属)と有償プラン(50GB利用可能、手書き文字認識やベクター方式での出力をサポート)が用意される。SlateとFolioの購入者は有償プランが3ヵ月無料で利用できほか、無料期間終了後も月額300円(通常500円)で利用できる。
 
 
文● 行正和義 編集/ASCII.jp

最終更新:9月5日(月)17時57分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]