ここから本文です

人工知能のビジネス活用を支援するサービスを開始

MONOist 9月5日(月)9時55分配信

 ブレインパッドは2016年8月23日、人工知能(AI)を使った画像処理や言語処理などのビジネス活用を支援する「機械学習/ディープラーニング活用サービス」の提供を開始した。

 同サービスでは、機械学習/ディープラーニングのワークショップや事前検証用の環境として、「Google Cloud Platform(GCP)」などのクラウドプラットフォームを利用する。既存のプラットフォームを活用することで、大規模なシステム導入を必要とせずに、AIを使った先進技術を迅速にビジネスへ導入できるという。

 サービスメニューは、ユーザーの検討段階に合わせ、「スターターパック」「ベーシックパック」「アドバンスパック」の3種を提供。機械学習/ディープラーニングの適量領域や適用後の効果を見極めたいというユーザーから、本格的な導入を検討しているユーザーまで、さまざまなニーズに対応する。

 各メニューの提供期間は、スターターパックが約1カ月、ベーシックパックが約2カ月、アドバンスパックが約3月から。要望に応じ、カスタマイズしたサービスの提供も可能だとしている。

最終更新:9月5日(月)9時55分

MONOist