ここから本文です

帝国ホテルで「英国フェア」 英国大使館シェフ監修のアフタヌーンティーも /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月5日(月)11時18分配信

 「帝国ホテル 東京」(千代田区内幸町1)は9月1日から、館内3店舗でエリザベス女王の生誕90年を祝う「英国フェア」を開催している。(銀座経済新聞)

英国フェアの「アフタヌーンティー」を監修した駐日英国大使館のシェフ、フレデリック・ウォルターさん

 同ホテルは1975(昭和50)年5月、エリザベス女王が夫のフィリップ殿下と共に来日した際に日英協会主催の午餐会の会場になったほか、宿泊先の赤坂迎賓館での接遇も担当。同ホテル内のレストラン「ラ ブラスリー」には、当時の料理長だった村上信夫さんが女王のために考案したメニューが「海老(えび)と舌平目のグラタン『エリザベス女王』風」として、現在も受け継がれている。

 本館17階「インペリアルラウンジ アクア」では、駐日英国大使館のシェフであるフレデリック・ウォルターさんが監修した「アフタヌーンティー」(4,320円)を期間限定で提供。

 6日・13日・20日・27日には、2種類の英国食器を使い、専任バトラーのサービスでアフタヌーンティーを楽しむことができる「アフタヌーンティー ウィズバトラー」(8,000円)も提供する(要予約、1日3組または10人限定)。

 「インペリアルラウンジ アクア」と本館1階「ランデブーラウンジ・バー」、本館中2階「オールドインペリアルバー」では、「英国洋酒フェア」を開く。

 いずれも、メニューの価格と別にサービス料がかかる。

 本館1階のホテルショップ「ガルガンチュワ」では、「ご家庭でお楽しみいただける英国の味」として、「牛サーロインの黒ビール煮込み」(3,240円)などの総菜や、「レモン ドリズルケーキ」(756円)などのスイーツ、「イングリッシュマフィン」(4個入り、540円)を販売する。

 営業時間は各店舗により異なる。今月30日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月5日(月)11時18分

みんなの経済新聞ネットワーク