ここから本文です

朝日広告社、VRコンテンツの企画サービスを提供開始 バイノーラル音声採用のラグビーVRコンテンツを制作

アスキー 9月5日(月)12時56分配信

朝日広告社がインターネット上で視聴・体験できるVRコンテンツの企画、プロモーションサービスの提供を開始した
 朝日広告社は、インターネット上で視聴・体験できるVRコンテンツの企画、プロモーションサービスの提供を開始した。第一弾として、ジャパンラグビートップリーグの放送認知の獲得を目的としたVRコンテンツ、「Real Rugby 360°」を企画制作を実施した。
 

 「REal Rugby 360°」では、「スクラム・ラインアウト・独走トライ・タックル」の4シチュエーションを攻守の違う2種類の360度動画として制作・公開されたものだ。肉体と肉体がぶつかり合うラグビーを疑似体験できるコンテンツとなっている。
 
Real Rugby 360°
・スクラム編
 
・スクラム&トライ編
 
・ラインアウト&タックル編
 
 試合中の選手の視点からラグビーの風景を楽しめるコンテンツになっている。
 
 なお、本コンテンツはアマナが担当し、サムスンの360度カメラ「Galaxy Gear 360」、バイノーラル録音には3Dio社製の「Free Space Pro Ⅱ」とRoland製の「CS-10EM」を使用したという。
 
 また、動画はFacebookページでも公開されている。
 
 
文● たかヰトモき/MoguraVR

最終更新:9月5日(月)12時56分

アスキー