ここから本文です

芳根京子、次期朝ドラ「べっぴんさん」に意欲「初めて鹿が立ったような姿見せたい」

映画.com 9/5(月) 19:20配信

 [映画.com ニュース] 10月からスタートするNHK朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」の会見が9月5日、東京・渋谷の同局スタジオで行われ、主演の芳根京子、共演の生瀬勝久、子役の渡邉このみちゃんが出席した。

【フォトギャラリー】芳根京子、その他の写真はこちら

 95作目の朝ドラは、子ども服ブランド「ファミリア」の創業者・坂野惇子氏をモデルに、戦後の焼け跡のなかで服作りにまい進するヒロイン・坂東すみれ(芳根)の人生を描く。5月末から兵庫・神戸でクランクインしており、芳根は第1週が完成した感想を「やっと(すみれに)会えた」と話し、「やっと皆さんに見ていただけるというのがすごく嬉しく、不思議な気持ちでいっぱいです」と喜びを語った。

 4月から約1カ月間にわたり裁縫、所作、関西言葉の稽古を積んだ芳根は、「亡くなった祖母が裁縫の先生で、夏休みの自由研究では一緒に裁縫をしていました。祖母にも見て欲しかったです」としみじみ。すみれの幼少期に扮したこのみちゃんに目を向けると、「このみちゃんが作ってくれたすみれを絶対壊したくない、引き継いでいきたいという思いがあった」といい、「初めて鹿が立ったような、こんなにも頑張っているという姿を見せていきたいです」と成長物語への注目を促した。

 一方で、すみれの父・坂東五十八を威厳たっぷりに演じた生瀬は、「若い人たちのなかで、自分が皆のお手本にならなければいけない」と決意新たに。そんな様子に、芳根は「2週目に、生瀬さんと2人でお芝居するシーンがあります。『深く考えすぎず、すみれの思いをお父様に伝えて』と言ってくださったことが印象的。考えすぎていた部分もあったので、リハーサルのことも一度忘れてお父様にぶつけたら、監督さんに『すごく良かった』と言っていただいた」と感謝を示したが、生瀬は「あまり覚えていない……。すごく恥ずかしい、偉そうなこと言いましたね」と苦笑いを浮かべた。

 それでも生瀬は、ギラン・バレー症候群を克服した過去を持つ芳根に対し、「京子ちゃんの生き方に非常に感化されています」と明かす。「大病もされたので死生観も持っていて、いろんなことにチャレンジしている。現場では俳優としてお芝居を戦わせています」と信頼感をにじませた。

 また、すみれの母・坂東はな役の菅野美穂の熱演も見どころ。共演の多かった生瀬は「大河撮影中の旦那様(堺雅人)から『妻をよろしく』とメールをもらいました。『任せとけ』と返しました」と告白し、報道陣に「良いネタでしょ」とドヤ顔を見せていた。「べっぴんさん」は、10月3日からNHKで放送開始。

最終更新:9/5(月) 19:20

映画.com

なぜ今? 首相主導の働き方改革