ここから本文です

“夜神月は生きている”だと……? 映画「デスノート Light up the NEW world」本予告映像がついに解禁

ねとらぼ 9月5日(月)6時10分配信

 10月29日公開予定の映画「デスノート Light up the NEW world」の本予告映像がついに解禁となりました。同作は、キラとLの戦いを描いた初代「デスノート」から10年後、6冊のデスノートが再び地上に落ちてきた日本を舞台にした“正当な続編”となっています。

【映像にはリュークの姿も】

 本予告は冒頭から、藤原竜也さん演じる夜神月と松山ケンイチさん演じるLの姿が映し出されるという熱いシーンでスタート。話は本題の10年後の世界へと入っていき、デスノート対策本部捜査官の三島(東出昌大)、Lの遺志を受け継いだ竜崎(池松壮亮)、キラ信奉者の紫苑(菅田将暉)と同作の主役となる3人に焦点が当たります。

 各キャラクターの人間性が垣間見える場面が続きますが、特に紫苑からは「夜神月は生きている」と気になる発言が。さらに大人になった弥海砂(戸田恵梨香)が登場し、紫苑のその言葉に疑心暗鬼になるシーンも収めらています。その他にも、デスノートには欠かせないキャラクターである死神・リュークの姿も見られ、おなじみのリンゴを食べるシーンや高笑いをしながら滑空する様子が確認できます。

 また、同作の音楽は主題歌「Dear Diary」、劇中歌「Fighter」ともに歌手の安室奈美恵さんが担当。9月16日配信のHuluオリジナルドラマ「デスノート NEW GENERATION」の主題歌にも「Fighter」の起用が決定しており、序章の役割を果たす物語をより一層盛り上げます。

(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

最終更新:9月5日(月)6時10分

ねとらぼ