ここから本文です

中国出資の英原発計画、安全保障上のリスクを調査へ=英首相

ロイター 9月5日(月)10時24分配信

[杭州(中国) 4日 ロイター] - メイ英首相は4日、訪問先の中国で、中国が出資予定の英原発新設計画について、国家安全保障アドバイザーに調査を求め、安全保障上のリスクを判断する考えを示した。

メイ首相は7月、英サマセット州ヒンクリーポイントの原発新設計画について、プロジェクトの最終決定を遅らせる方針を発表し、英中の外交的緊張が高まっている。原発新設は240億ドルが投じられる見通しで、フランス電力(EDF)<EDF.PA>が実施し中国が80億ドルを出資する予定だった。

首相は20カ国・地域(G20)首脳会議に出席するため中国を訪問。原発新設計画をめぐって国家安全保障会議(NSC)に安全保障への影響の調査を要請するかとの質問に対し、「まさにその通りのことをする方針だ」と発言。同計画に関するあらゆる証拠を調べるつもりだと述べた。

ヒンクリーポイントのみを対象とした正式なNSCの調査は行われないとみられるものの、メイ首相の発言は、国家安全保障をめぐる意見が最終決定で重視されることを初めて公式に認めたことになる。

首相は今月末までに最終決定を行うと述べた。

最終更新:9月5日(月)10時24分

ロイター