ここから本文です

土井がドラゲータッグ戦線制圧に自信

東スポWeb 9月5日(月)16時45分配信

 ドラゴンゲートの極悪軍団「ヴェルセルク」の土井成樹(35)が4日、タッグ戦線完全制圧を宣言した。

 土井は現在開催中のタッグリーグ戦に“brother”YASSHI(34)とのコンビで出場。いち早く全日程を終了し、5戦全勝のAブロック単独首位で10日の優勝決定トーナメント(エディオンアリーナ大阪第2競技場)進出を決めた。最終公式戦(8月30日、大阪)ではオープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王者のジミー・ススム、ジミー・カゲトラ組を撃破しており「もう優勝は決まったようなもの」(土井)と自信は揺るがない。

 しかも秋のビッグマッチ、22日の大田区総合体育館大会では鷹木信悟(33)と組んでツインゲート王座挑戦が決まっている。「俺は6回もベルトを巻いてるミスター・ツインゲートやぞ。リーグ戦はブラザー、タイトル戦は信悟とのコンビで決める」

 王者組には7・24神戸決戦で敗れただけに、リーグ戦と王座戦で二度と立ち直れないまで叩き潰し、王座戦線から完全撤退させるという。「これを機にヴェルセルクでまた王座を独占する」と不敵に笑った土井。リーグ戦Vから軍団の暴走を加速させる。

 また、Bブロックは3日の沖縄大会で公式戦が終了し、8点で首位のEita、ドラゴン・キッド組と7点で2位となったCIMA、Gamma組がトーナメント進出を決めた。

最終更新:9月5日(月)16時45分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。