ここから本文です

『FREEDOM aozora 2016』九州公演でMINMI、ミリヤ、湘南乃風ら熱い共演

M-ON!Press(エムオンプレス) 9/5(月) 13:01配信

大自然を舞台に、世代やジャンルを超えて集った様々なアーティストたちが毎年圧巻のパフォーマンスを披露し、来場した仲間と共に感動を分かち合う音楽フェスティバル『FREEDOM aozora 2016』が、9月3日に九州にて開催された。

【詳細】他の写真はこちら

『FREEDOM』は音楽の壁を越えたジャンルレスなステージを展開している日本随一の音楽フェス。今年も様々なアーティストが出演し、悪天候にもかかわらず会場には11,000人が来場。奇跡的に雨に降られることもなく、例年どおり会場を熱く盛り上げ、大盛況のうちに幕を閉じた。

『FREEDOM』が九州で開催されて今年で5年目になる。史上最多の出演者を迎えた『FREEDOM aozora 2016』の九州会場では、数々のアーティストがアツいステージを披露した。

『FREEDOM』馴染みのアーティストである湘南乃風と、そのメンバーHAN-KUNが登場。心に響く熱いMCと熱狂のライブで、会場は大いに盛り上がった。

同じく『FREEDOM』馴染みの顔となった加藤ミリヤも出演し、華麗なパフォーマンスを披露。ファッショニスタでもある彼女のステージを観に来場した、たくさんの若い女性ファンから歓声が飛び交った。

ジャパニーズヒップホップ界の重鎮、AK-69や、『FREEDOM』に欠かせない存在となっているRED SPIDERやAPOLLO、BES、KENTY GROSSも、ヒップホップ、レゲエサウンドで会場を盛り上げた。

また、Beat Buddy Boiのダンスパフォーマンスや、BLUE ENCOUNTやThe BONEZなどロック勢も、圧倒的なパフォーマンスで会場を沸かせた。さらにMACOや山猿がポップスのメロディで会場を魅了。『FREEDOM aozora 2016』プロデューサーMINMIが掲げる“ジャンルレス”な音楽フェスにふさわしいステージの数々が実現した。

華やかなフェスファッションを身にまとった女性が多くみられるのも『FREEDOM』の特徴のひとつ。九州エリアは特に、他の開催エリアや音楽フェスに比べて女性の参加率が高いことが挙げられる。今年も露出度高めの開放的なフェスファッションを身にまとった女性オーディエンスが会場を鮮やかに彩り、『FREEDOM』を盛り上げた。

『FREEDOM aozora 2016』 OFFICIAL WEBSITE
http://freedom-aozora.com/

最終更新:9/5(月) 13:01

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]