ここから本文です

朴大統領 「真摯な意思疎通」強調=韓中首脳会談

聯合ニュース 9月5日(月)11時40分配信

【杭州聯合ニュース】20カ国・地域(G20)首脳会合に出席するため、中国・杭州を訪問中の韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は5日午前、中国の習近平国家主席と首脳会談を行い、「両国が真摯(しんし)な意思疎通を図り、今回の挑戦を、両国関係をさらに強固なものに飛躍させる機会にしていくことを望む」と述べた。

 朴大統領の言う「挑戦」とは北朝鮮の軍事挑発、その防衛措置として中国が反対する米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備を決めたことなどを差すとみられる。

 朴大統領は北朝鮮が今年、4回目の核実験や相次ぐ弾道ミサイル発射を実施したことについて、「朝鮮半島や地域の平和を壊し、韓中関係の発展にも挑戦の要因となっている」と指摘。「わが政府は韓中関係を重視しながら、今後さらに発展させていくという確固たる意志を持っている」として、「両国関係や今後の発展方向、朝鮮半島情勢について虚心坦懐に話し合いたい」と述べた。

 また、「今回の(G20)会合は世界経済に活力をもたらし、バランスの取れた成長を実現することに大きく寄与すると期待している」として、「韓国も必要な努力を尽くしたい」と強調した。

 その上で、「2013年の首脳会談で主席と韓中戦略的協力パートナー関係を一層充実させるとの目標を掲げ、これまで両国が高い水準の発展を成し遂げてきたことが地域の平和と安定をけん引することに大きく寄与してきた」と評価した。

 習主席が日本による植民地時代、「大韓民国臨時政府」が杭州でも活動したことを取り上げたことにも言及し、「中国との大切な縁、(韓国の)独立闘争を支援したことに感謝し、そうした縁を大切にしたい」と述べた。

最終更新:9月5日(月)11時57分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。