ここから本文です

ハム6点差追い付かれた…自力V復活1差も栗山監督ぶ然 6日「投」の大谷にかける

デイリースポーツ 9月5日(月)6時4分配信

 「オリックス7-7日本ハム」(4日、ほっともっとフィールド神戸)

 試合後の日本ハム・栗山監督は敗者のような表情だった。自力Vは復活したが、6点差を追い付かれる痛恨ドロー。首位・ソフトバンクとの差を1ゲーム差に縮めても「勝ちきれなかった。いろいろ悪いことがあってもプラスに変えるしかない。マジック?全然関係ないだろ」とぶ然と振り返った。

 今季最多19安打で大勝を収めた前夜の勢いそのままに猛攻を浴びせた。四回。中島の先制左中間2点適時二塁打などで4点を奪い、五回には陽岱鋼の2ランで突き放した。

 だが、七回に先発・加藤がKOされると、2番手・石井も捕まり、一挙6失点。15年4月2日のロッテ戦以来となる6点差を追い付かれた。「この点差を守れない、俺のつなぎ方が悪い」と指揮官は継投ミスをわびた。

 延長十二回裏、40分間の中断後に降雨コールド引き分け。大谷を6日・ロッテ戦での先発復帰を明かした栗山監督は「完封できるんだったらなあ」と流れを変える投球を期待。大谷も「久々なので、自分のピッチングができれば」と、58日ぶりの先発でしっかり抑えると意気込んだ。

最終更新:9月5日(月)12時20分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]