ここから本文です

<高橋菜々美>橋本環奈の同期の元アイドル 病気で卒業後、スタースカウト総選挙出場

まんたんウェブ 9月5日(月)21時41分配信

 女優の橋本環奈さんが所属する福岡のアイドルグループ「Rev.from DVL」を5月に卒業した高橋菜々美さん(17)が4日、大阪市浪速区の「Zeppなんば大阪」で開かれた国内最大級のオーディションイベント「スタースカウト総選挙」(スタ選)に一般応募者とともに再起を懸けて出場していたことが分かった。高橋さんは「アイドルは卒業したけど夢をあきらめたくない」と語った。

【写真特集】グランプリは“奇跡のくびれ”女子大生 美脚も!

 高橋さんは2009年から同グループで活動、橋本さんとは同期で、「なっち」の愛称で妹的なキャラクターとして人気だったが、脊椎が横へ曲がっていく脊椎側わん症を発症。活動継続は日常生活にも支障を及ぼすため、「病気を抱えながらも進んでいける新たな道を模索する」として卒業を決断したという。

 今回のオーディションは、体調が回復したため参加したといい、ランウエーも堂々とこなす姿が「LINE LIVE」で生配信されると、ファンから「なっち、可愛い!」などと応援のコメントが殺到した。入賞はならなかったが、高橋さんは「体もいまは大丈夫になってきたので、女優やモデルの道に進みたい」と話していた。

 スタ選には、6~35歳の男女2万3653人が応募。事前のウェブ投票で選ばれたファイナリスト300人が、最終選考のステージに立ち、大手芸能プロダクションの担当者や、有名女性誌の編集長らが審査した。グランプリに輝けば、テレビ番組への出演や雑誌デビュー、有名コレクションへの出場権を得られるほか、年収1000万円が保証され、大阪府出身の龍谷大1年生・秋山未有(みゆ)さん(18)がグランプリに選ばれた。

最終更新:9月6日(火)1時29分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。