ここから本文です

マツダとソラーズ、エンジン工場設立で政府と特別投資契約…ロシア

レスポンス 9月5日(月)13時15分配信

マツダとロシアのOJSCソラーズ社は9月2日、ロシア極東連邦管区プリモリスキー州ウラジオストク市にある合弁生産会社、「MAZDA SOLLERS Manufacturing Rus(以下、MSMR)」のエンジン工場設立について、MSMRとロシア連邦政府が特別投資契約を締結した、と発表した。

画像:マツダCX-5 とアテンザ

設立されるMSMRのエンジン工場は、年間生産能力5万基を予定しており、2018年中の量産開始を目指す。

また、同エンジン工場の設立にあたって、ロシア連邦政府より、2023年までの支援策が定められる予定。

2012年10月に操業を開始したMSMRでは、現在『CX-5』、『アテンザ』」の車両組み立てを行っており、これまでに10万台以上のマツダ車を生産して、ロシア全土に届けてきた。

マツダは、「今後もマツダとソラーズは、マツダの高い自動車生産技術力と、ソラーズの持つ地域への強みを生かし、その協業をさらに進展させ、ロシアの自動車産業に貢献していく」とコメントしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:9月5日(月)13時15分

レスポンス