ここから本文です

くるくる巻き取れるBluetoothキーボード「KBB-710」は面白いが実用に耐えるのか?

ITmedia PC USER 9月5日(月)8時10分配信

 くるくる巻き取ることでスティック状にして持ち歩けるというユニークな機構が話題になった、LG ElectronicsのBluetoothキーボード「Rolly Keyboard KBB-700」。2015年9月に登場した初代モデルは、その後日本市場向けにカナ刻印が施されたモデルも発売されて好評を博したが、それから1年もたたない2016年の初夏に、早くも2代目のモデル「Rolly Keyboard 2 KBB-710」が出てきた。

【画像】開くとスティックからキーボードに早変わり

 一般的に、モバイル環境で持ち歩くデバイスは、薄さを徹底的に追求するか、あるいは細長いか、そのいずれかであるほうがバッグの中に滑り込ませやすい。いくら「幅×奥行き×高さ」が小さくても、立方体に近い形状であればあるほど、ほかの荷物との共存が難しくなり、バッグが膨らむ原因となる。

 その点、このKBB-710は、折りたたみ時の全長が274mmと、A4サイズの長辺(297mm)を下回る長さでありながら、直径約31mmのスティック形状で、バッグ内の荷物の隙間にすっぽりと収まる。

 また従来モデルのKBB-700はキーが4列しかなかったため、数字キーは最上段のアルファベットキーとの兼用だったが、新モデルのKBB-710はキーが5列に増えたことで数字キーが独立し、より一般的なキーボードの使い勝手に近くなった。

 今回はKBB-710の基本的な仕様や特徴を紹介しつつ、Windows、iOS、Android環境それぞれにおける試用感をお届けしよう。

●巻いた状態から広げることで電源がオンに

 まずはKBB-710ならではの開閉ギミックを詳しく見ていこう。折り畳んだ状態では、側面から見て五角形になる。四角形だった従来モデルのほうがバッグの中での収まりはよいが、キーが1列増えたぶん快適に入力できるので、使ってみても納得だ。メリットがデメリットを上回る好例だと言える。

 構造そのものは、巻きずしを作るときに用いる「簀巻き(すまき)」に似ており、広げることで電源がオンになり、自動で利用可能になる。巻き取った状態ではマグネットで固定されており、バッグの中で不用意に広がってしまうこともない。

 折りたたみ時の本体サイズは274(幅)×31.7(奥行き)×30.7(高さ)mmと、従来モデルの262(幅)×25(奥行き)×25(高さ)mmに比べてひとまわり大きくなっているが、それでも手軽に持ち運べる。重量も電池込みで約161gと軽い。

●単四乾電池1本で駆動

 駆動は乾電池(単四形乾電池1本)となっている。KBB-710のようなモバイル機器では、乾電池式がよいのか、それとも内蔵バッテリー式がよいのかは常に議論があるところだが、外出先で使えなくなるリスクを考えると、コンビニエンスストアなどですぐに入手できる乾電池を採用したことは正しい選択のように感じる。

 前述の通り、電源は本体の開閉に合わせて自動的にオン/オフが切り替わるので、電源オンの手間がかからず、またバッグの中で意図せず電源が自動的に入ってしまうこともない。

●3台のデバイスを専用キーで切り替え可能

 続いて、キーボードとしての基本的なスペックをチェックしておこう。

 KBB-710はBluetooth 3.0に対応しており、WindowsやMacといったパソコンだけでなく、iOS、Androidのスマートデバイスでも利用できる。キーピッチは16mmと、この手のモバイルキーボードとしてはかなりの余裕があり、窮屈さは感じられない。

 キーストロークは浅いが、パンタグラフキーを採用しているため、タブレットによくあるカバー一体型キーボードのようなゴムの感触ではなく、はっきりとした押しごたえがあるのも秀逸だ。最近のノートPCに広く採用されているアイソレーションキーボードに近いキータッチと言える。

 最大3台のデバイスをペアリングできるマルチペアリング機能を備えており、キーボード右端の「1」「2」「3」キーを押すだけで、接続先を切り替えられる。これらのキーは、Enterキーのさらに右側に用意されており、キーを押すと数秒後に指定のデバイスへ再接続される仕様だ。さすがに瞬時の切り替えはできないが、実用レベルの速度でストレスは少ない。

 同種のデバイスでは1つのボタンを繰り返し押すことで1→2→3と接続先をローテーションする製品もあるが、KBB-710では例えば「1」にiPad、「2」にAndroidスマートフォン、「3」にWindows PCをそれぞれペアリングしておくことで、目的のデバイスに素早く切り替えられるのが利点だ。

 ちなみに、デバイスを切り替えるためのキー押下時間は0.2秒以上とされている。2秒以上押すとBluetoothのペアリングモードになるので、あまり長押ししないよう注意が必要だ。

 実際に使ってみた限り、机上では問題ないのだが、膝の上や布団の上など、安定しない場所に置いて使うのは難しい。

 横1列のキーは同一のプレートで支えられているため安定感はあるのだが、上下の列は固定されておらず、常に曲がる構造なので、膝の上はもちろん、布団やクッションの上など、土台が不安定な場所ではキー入力がおぼつかないのだ。そうした環境での利用が必須であれば、別の製品を選んだほうがよいだろう。

●スマホやタブレットを立てられるスタンドも内蔵

 背面には展開式のビルトインスタンドを備えており、実測で厚さ9mmまでのスマホやタブレットを立て掛けられる。同種のBluetoothキーボードでは、スタンドを別途用意しなくてはいけない製品が多いのに比べると、持ち歩きの荷物を少しでも減らしたい場合に向く。

 ただし、立て掛けたデバイスのチルト角度を調整する機能はないほか、厚さ9mmという制限はスマホやタブレットに保護ケースを付けた状態だと意外にオーバーしがちだ。ケースを付けたままでは立て掛けられない場合、別のケースに交換するなどの工夫が必要になるだろう。

●Windows/Android/iOS、各OSでの使い勝手は?

 KBB-710はWindows、Macに加えて、iOS、Androidに対応している。今回はWindowsとAndroid、それにiOSについて、ざっと使ってみた結果をお届けしよう。

 まずはWindowsだ。こちらはキートップの印字通りに入力できるため、全く違和感なく使える。Enterキーの形状が通常の日本語キーボードの2列にまたがる仕様ではなく、キーボードの右端にデバイス選択用のキーが並ぶことによる違和感は最初はあるが、しばらく使っているうちにあっさり慣れてしまった。

 今回は手持ちのノートPCと組み合わせて試用したが、Windowsタブレットで利用するならば、軽さと押しごたえを重視して標準付属のカバー一体型のキーボードではなく、KBB-710を使うという選択肢もありそうだ。

 続いてAndroidだが、こちらも違和感のないタッチタイピングが可能だ。記号の配列もWindowsとほぼ同じなので、日本語入力と英字入力を半角/全角キーで切り替えることだけ覚えておけば、通常入力ではさして支障はない。Ctrlキーと組み合わせてのショートカットも問題なく機能するほか、キートップにオレンジ色で印字されたキーもきちんと動作する。

 iOSは、キーボードの設定から「日本語(ローマ字)」を追加して利用する。キートップの印字とは一致していないため、記号などは説明書に記された表を参照しなくてはいけないが(例えば「&」の入力は、Windows/Androidでは「Shift+6」だが、iOSでは「Shift+7」になる)、こうした記号類を除いた日本語入力そのものは快適に行える。

 外付けキーボードを用いた場合の日本語の入力方法が独特という、iOSならではの問題は別にして、この手のiOS用外付けキーボードとしては普通に使えるレベルだ。

●外出先で快適に文字入力を行いたいモバイラーにおすすめ

 KBB-710は丸めて収納するという特異なギミックが目を引くが、実用性も非常に高い。入力性能の高さもさることながら、電池込みでわずか約161gと軽量なことから、その細さとあいまって、バッグの中に入れたままでも存在をまるで感じさせない。

 どこかに置き忘れたのではと心配になってバッグを開けるとちゃんと入っていた……ということもしばしばで、モバイルユースには最適と言える。

 一般的に折りたたみ式のキーボードと言えば、中央に向かって両端から2つ折りまたは3つ折りにする機構がメジャーだが、折り目付近のキーを押した際に下へ沈み込むため入力に集中しにくい製品も多い。

 その点、KBB-710は横1列が1つのプレートで支えられているため不安定さは少なく、入力時に気を取られにくい。また構造上、2つ折りや3つ折りのキーボードに比べて薄型なので、キーボードとデスクとの段差が気になりにくいのもメリットだ。

 5点満点で点数を付けるならば、持ち歩き可能なBluetoothキーボードとしては5点、OSごとの使い勝手はWindowsが5点、Androidが4.5点、iOSが4点といったところだろうか。各OSに対応したキー印字のあるデスクトップ向けの製品ならいざ知らず、モバイルでこれだけ高い平均点を備え、かつスタンドも内蔵した製品はなかなかない。

 1万円台前半から半ば(税込)というモバイルキーボードでは安くはない実売価格、及び膝や布団の上などで使えないことがネックにならなければ、外出先でさまざまなデバイスから文字入力を快適に行いたいモバイラーへ、おすすめしたい一品だ。

最終更新:9月5日(月)8時10分

ITmedia PC USER