ここから本文です

浅野拓磨が“疑惑の判定”を振り返る「決めるところを決めないと勝てない」/ロシアW杯アジア最終予選

GOAL 9月5日(月)5時55分配信

日本代表は9月4日、ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選第2戦のタイ戦(同6日)へ向けて現地で調整を行った。

1−2で敗れた1日のUAE戦では浅野拓磨のシュートがゴールラインを割ったにも関わらず、得点は認められなかった。物議をかもした“疑惑の判定”の中心にいた浅野は、「簡単なところ、決めるところを決めないと試合には勝てない」と振り返った。

第2戦となるタイ戦では、勝ち点3が求められることになる。タイの印象を問われると、「1人1人技術は高いですし、動きの速さや俊敏性はすごく高いものを持っている」とコメント。続けて対策について、「まずはチームとしてしっかり守る。個人としてもしっかり守備を負けないこと。(攻撃面では)しっかりボール動かせば裏をついて、ポゼッションから崩すことはできると思います」と話した。

また、UAE戦でワントップを務めたことで起用法が注目されるところだが、「僕としては前の方が自分の特徴が生きると思います。(前回は)自分の特徴をしっかり出そうと思ってやりました。裏への意識っていうのは一番前にいる方が分かりやすくプレーできるのかなとは思います。ただ前の試合では裏への動きを意識しすぎてしまってたので、足元で受けて味方を助けるところを雰囲気に飲まれずしっかり考えてやっていければなと思います」と語った。

ロシアW杯アジア最終予選の日本代表対タイ代表は6日、タイの首都バンコクにあるラジャマンガラ・スタジアムで開催される。キックオフ予定時刻は日本時間21時15分。

GOAL

最終更新:9月5日(月)5時55分

GOAL