ここから本文です

北米映画興行収入=低予算ホラー「Don't Breathe」、首位キープへ

ロイター 9月5日(月)10時57分配信

[ロサンゼルス 4日 ロイター] - バラエティ・ドット・コムなどによると、レーバーデーの祝日を含めた週末4日間の北米映画興行収入ランキングは、ホラー映画「Don't Breathe(原題)」が1940万ドル(約20億1600万円)を稼ぎ、2週連続の1位となる見通し。

本作は、3人の若者が大金を盗もうとして盲目の老人宅に押し入るが、攻守が逆転して老人の襲撃を受けるというストーリー。製作費は1000万ドル以下の低予算映画。

DCコミックスのスーパーヒーロー映画「スーサイド・スクワッド」(日本公開9月10日)は約1360万ドルで前週と同じ2位。

3位には、1977年に公開されたディズニー映画「ピートとドラゴン」のリメイク作品「Pete's Dragon」が890万ドルで入る見通し。

この週末に公開された作品の中では、ディズニー配給の「The Light Between Oceans」の6位(610万ドル)が最高となりそうだ。

最終更新:9月5日(月)10時57分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。