ここから本文です

<サンデーS>コナン複製原画話題で増刊マンガ誌完売 ウェブで無料公開へ

まんたんウェブ 9月5日(月)23時23分配信

 小学館は、8月25日に発売したマンガ誌「サンデーS(スーパー)」10月号が完売したため、同誌掲載の全マンガ作品をマンガサイト「サンデーうぇぶり」で16日から公開することが明らかになった。期間限定で24日まで。

【写真】コナン名シーン組み合わせた複製原画

 同誌10月号では、劇場版アニメ「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」の名場面を原作者の青山剛昌さんが描き下ろしたミニ複製原画(縦約34センチ、横約26センチ)を2200円で販売する企画を実施し、「名探偵コナン」のシール付録を用意したところ、ファンの間で話題となっていた。

 同社は複製原画企画ついて、24日発売の「サンデーS」11月号で、ほぼ同内容の企画を実施する予定。シールの付録もほぼ同内容のものを用意することで調整している。

 サンデーSは、「週刊少年サンデー」(小学館)の増刊マンガ誌。日本雑誌協会によると発行部数は1万2000部となっている。

最終更新:9月5日(月)23時23分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。